インライタ(R)による治療にあたって

インライタ(R)による治療スケジュールは?

監修:北海道大学医学研究院
教授 篠原 信雄 先生
  • インライタ®は、錠剤の飲み薬で、水と一緒に1日2回服用します。
    患者さんの状態に応じて、次のように薬の量を増量または減量します。

増量基準:1回5mgを1日2回投与から開始し、2週間以上投与しても問題となる副作用がみられなければ、医師の判断で1回7mg1日2回、1回10mg1日2回投与まで薬の量を増やすことができます。

投薬スケジュール 増量

減量基準:副作用があらわれた場合は、患者さんの状態に応じて医師の判断で、次のように薬の量を減らす場合もあります。

投薬スケジュール 減量

  • インライタ®を飲み忘れた場合は、次の予定服用時刻の3時間前までに服用するか、そのまま服用せず、次の服用を行ってください。

戻る

インライタ(R)による治療中の副作用について

ページトップへ戻る