メニュー

インライタ(R)について

  • インライタ(R)はどのようなお薬ですか?

インライタ(R)について

インライタ(R)はどのようなお薬ですか?

監修:北海道大学大学院医学研究科 腎泌尿器外科学 准教授 篠原 信雄 先生

インライタ(R)は腎細胞がんに対する治療薬で、「分子標的治療薬」と呼ばれる抗がん剤です。分子標的治療薬とは、がん細胞の増殖にかかわる特定の分子をターゲットに効果を発揮するタイプの薬で、近年、がん治療において広く使われています。分子標的治療薬は一般的にこれまでの治療と比較して、正常細胞に対する影響が少ないと考えられています。

細胞の表面には「VEGFR(血管内皮増殖因子受容体)」というタンパク質が存在しています。
VEGFRは、がんの血管新生やリンパ管新生に必要な信号を細胞内に送る重要な役割を果たしていると考えられています。

インライタ(R)は、このVEGFRの機能を止め、血管新生やリンパ管新生に必要な信号が細胞内に送られないようにすることで、がんの増殖および転移を抑制します。

インライタ(R)の働き

戻る

インライタ(R)による治療にあたって

ページトップへ戻る