メニュー

まず最初にお読みいただきたいページ

まず最初にお読みいただきたいページ

はじめに ーインライタ(R)による治療を始める前にー

監修:北海道大学大学院医学研究科 腎泌尿器外科学 准教授 篠原 信雄 先生

インライタ(R)錠は腎細胞がん★に対する治療薬で、「分子標的治療薬」というタイプのお薬です。米国では2012年1月から使用され、日本では2012年6月に認可されています。

このサイトは、インライタ(R)による治療を安心して受けていただくため、患者さんに知っておいていただきたい薬の働き、治療のスケジュール、副作用と注意すべき症状などをまとめたものです。

治療を始めるにあたり、気になることや不安に思うことがありましたら、遠慮せずに担当医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフにご相談ください。

●インライタ(R)による治療を始める前に、次のような患者さんは、あらかじめ医師などの医療スタッフに申し出てください。
  • 以前に薬や注射による治療を受けて、
    発疹やかゆみなどの副作用を起こしたことがある患者さん
  • 他の薬を服用中の患者さん
    (他の診療科や病院でもらった薬、市販薬など)
  • 他の医師あるいは歯科医師による治療を受けている、あるいは受ける予定がある患者さん
  • 妊娠している、あるいは妊娠している可能性のある患者さん
  • 授乳中の患者さん

★本サイトでは、わかりやすくするために「腎細胞がん」と表記していますが、インライタ(R)の正式な効能・効果は、「根治切除不能又は転移性の腎細胞癌」です。

腎細胞がん(RCC)について

ページトップへ戻る